SAMPLE SITE

研究設備

電子スピン共鳴装置(総合分析実験センター 1階 114)

Bruker社ELEXSYS E580
continuous wave (CW)およびpulse X-band EPR、CW Q-band EPR
Oxford クライオスタット ESR-910(CW X-band用)およびCF935(pulse X-band、CW Q-band用)(測定温度1.5~300 K)
円筒形X-band共振器(スーパーハイQ、ER4103TM)、光透過型X-band共振器(ER4104OR)、Pulse測定用X-band共振器(ER4118)
Q-band用円筒形共振器(ER5106QT)

AKTA stratとフラコレ

タンパク質自動精製用液体クロマトグラムとフラクションコレクター
クロマトチャンバー内で使用しています(4℃)

BIO-RAD BioLogic DuoFlowとフラコレ

中・高圧液体クロマトグラムです。高速でのタンパク質精製用に使っています。

高速混合凍結装置

オリジナルの高速混合凍結装置です。
現在でも開発を継続して、実験に合うように改良しています。

SHIMAZDU UV-2500PC

紫外・可視分光高度計
温度可変ユニットを用いて酵素反応解析やタンパク質濃度の測定を行っています。

Thermo Maltiskan PC

プレートリーダー
酵素の活性測定に使用しています。
測定可能波長は基本波長に加えて、710nmと340nmのフィルターも備え付けています。

ASTEC Block Incubator BI-525

ブロックインキュベーターです。
大腸菌のヒートショックや電気泳動、様々なシーンで活躍してくれています。

EYELA dry thermo bath MG-1000

ブロックインキュベーター②です。
低温酵素の活性測定などに使用しています。

Applied Biosystems GeneAmp PCR System 9700

サーマルサイクラーです。
タンパク質変異体作成時に大活躍してくれます。

BECKMAN COULTER Allegra X-30R Centrifuge

遠心機(その1)
大腸菌の集菌やタンパク質の濃度調整など、500mL×4本、50mL or 15mL×8本の遠心用です。
当研究室で一番回されてる遠心機です。

HITACHI Himac CR15D

エッペンチューブなど小型用の遠心機です。
当研究室で2番目にまぁまぁ回されている遠心機です。

HITACHI Himac CF7D

タンパク質の調整に使っています。
ベックマン遠心機が使用中のことが多いので、その際はこちらを使っています。

HITACHI GX series himac CS 100GX Micor Ultracentrifuge

小型超遠心機です。
微量なサンプルの超遠心に使用しています。

SHOWA Clean Bench

クリーンベンチです。
大腸菌などの微生物実験、DNAワークには必須です。

TAITEC Triple shaker NR-80

3Lフラスコ、4本の培養用シェーカーです。
Yamato社Program Incubator IN600内で使用しています。

TAITEC Double Shaker NR-3、NR-80

300mL~500mLフラスコ4本や試験管培養(NR-3)、3Lフラスコ4本用のシェーカーです。
EYELA LTE-1000内で低温から高温条件で使用しています。

TAITEC Double Shaker NR-3

300mL~500mLフラスコ、4本培養用のシェーカーです。
SANYO Incubator MIR-153内で使用しています。
このインキュベーター、シェーカー共に佐賀大学分析センター永野准教授からレンタルしています。

TAITEC Recipro Shaker NR-10

電気泳動時の染色などに使用しています。
低速(120rpm以下)で、3Lフラスコを2本振ることもあります。

TOMY UD-100 Ultrasonic Disruptor

大腸菌の超音波破砕機です。
タンパク質精製前に大活躍です。

HOSHIZAKI リーチイン冷蔵ショーケース RS-90ST-4G

クロマトチャンバーです。
AKTAを中に入れてタンパク質精製に使用したり、その他オープンカラムも使用しています。
もうひとつクロマトチャンバーがあり、そちらはバッファーのストックなど冷蔵する必要な実験器具等を入れて冷やしています。

TAYLAR-WHARTON VHC35

液体窒素デュワーです。液体窒素容量は35Lです。
中には精製した貴重なサンプルを77Kで保存できるようにしています。
共同研究者から提供して頂いたサンプルもこちらで保存しています。

SANYO 超低温フリーザー MOF-C8V

-80℃ディープフリーザーです。
大腸菌のグリセロールストックや核酸・プラスミド、タンパク質や集菌後の大腸菌などを保存しています。

Panasonic バイオメディカルフリーザー MDF-MU300H-PJ

-30℃ディープフリーザーです。
化合物や酵素などの保存用に使用しています。